閉じる

選択内容パレット

モデルを入力していくと、要素数が多くなり、選択するのも大変かと思います。
そこで、選択内容パレットです。選択内容パレットは、要素の選択状態を記憶させておくことができるもので、複数の要素を選択しておき、それを呼び出すだけで、登録時の選択状態を作る事ができます。

tips_set_selectpalette_00.png
 
表示方法
参照パレットは、メニューのウィンドウから呼び出せます。
tips_set_selectpalette_07.png
 
使い方
 
選択のセットにする要素を、選択します。
tips_set_selectpalette_01.png
 
選択内容パレットから『条件を追加』を選択します。
tips_set_selectpalette_02.png
 
セットの名前を付け、保存ボタンをクリックします。(ここでは梁を選択しているので、「梁」とつけました)
tips_set_selectpalette_03.png
 
指定した名前の選択セットが出来ます。下のペインには、セットの内容が表示されます。
tips_set_selectpalette_04.png
 
この登録したセットの要素を素早く選択するには、名前をダブルクリックします。
tips_set_selectpalette_08.png
 
 
各ボタンの説明
tips_set_selectpalette_06.png

No 名称 内容
1 保存された選択内容の項目のみを選択 現在選択されている要素を、選択セットの内容に変更します。
2 保存された選択内容の項目を選択解除 現在の選択された要素から、選択セットの内容を解除します。
3 保存された選択内容の項目を追加 現在の選択された要素に、選択セットの内容を追加します。

 
By GRAPHISOFT VIPservice
 

0
記事をシェア!
グラフィソフトジャパン株式会社

コメントを残す

2019 © GRAPHISOFT JAPAN