閉じる

ARCHICADのツール等を組み合わせて自作した家具や什器をホットリンクで配置する方法

既製品の家具や什器等をモデルに配置して見せたい時、メーカーのサイトに3Dデータがあればダウンロードして配置できますが、ない場合はARCHICADのツールを組み合わせて自作するしかありません。

その場合、オブジェクトで保存して配置、またはグループ化するなどしてバラバラにならないように設定すると思います。

でも、オブジェクトにした場合は後からの変更に対応が難しかったり、グループ化の場合はグループ化が外れて、一部が欠けてしまったり移動してしまったりすることがあり、どちらも決め手にかけると思います。

そこで、オブジェクトツールのように配置でき、変更に対応できるホットリンクモジュールを利用する方法を紹介します。

1)モジュールのソースファイルとしてARCHICADを新規プロジェクトで立ち上げ、壁や柱、スラブツール等を組み合わせて家具や什器等を作成します。
例えば、下記のような門扉を作成したとします。

2)モデルを一度.pln形式(ARCHICAD単独プロジェクト)で保存しておきます。

3).pln形式のままでも配置できますが.modファイルにして保存します。
※こちらのほうが、含まれる内容がモデルと平面図のみで、データ量が軽減されるので、おすすめです。
平面図ウィンドウの状態でファイル>名前をつけて保存 から.mod(モジュールファイル)で保存します。(データ消失警告!画面が出ますが、継続ボタンをクリック)

4)モジュールを配置したいファイル(ホストファイル)を開きます。
例として下記のようなモデルを開き、出入り口に門扉を配置したいと思います。

5)平面図ウィンドウにした状態で、ファイル>外部参照>ホットリンクを配置を選択。

6)モジュールを選択をクリックすると、ホットリンクモジュールを選択画面が表示される。

7)新規モジュールをクリックし、ファイルからを選択。

8)新規ホットリンクモジュールとして、3)で保存した.modファイルを選択。

9)選択したモジュールファイルに複数のフロアがある場合、[フロアを選択]ダイアログボックスが表示されます。
今回は単体のモデルなので、全てのフロアを選択してOKボタンをクリック。(フロアごとに配置したい場合は単一フロアを選択)

10)[ホットリンクモジュールを選択]に設定したモジュールのリンクが表示され、選択ボタンをクリック。

11)選択されたホットリンクが表示され、ホットリンクを配置をクリック。
※作成したモデルの向きが逆向きの場合は向きにチェックを入れると反転することができる。
※マスターレイヤーを設定(デフォルト設定はモジュール)

12)[フロアの調整]ダイアログボックスで、ホストプロジェクトの現在のフロアに配置するモジュール(ソースファイル)のフロアを選択します。

13)画面上にモジュールファイルが配置されるので、配置位置を調整し、点線の外側でクリックし確定します。

このようにモジュールを配置することができました。

一度、配置したものを移動したい場合は、編集>グループ化>グループの一時解除がオフになっていることを確認。

その場合、モデル全体を移動することができる。

—————————————————————————————————————————————————————

一度配置したモジュールを変更するには、ホストファイル内で変更ができないので、以下のように設定します。

a)モジュール(ソースファイル)を開き、修正したモデル(今回は高さを低く修正)を.modファイル形式で上書き保存します。

b)配置先のホストファイルを開きます。

c)ファイル>外部参照>ホットリンクモジュールマネージャーをクリックする。

d)ホットリンクソースの門扉.modのステータスが修正となっている場合は最新の情報に更新する必要があります。
ホットリンクソースの門扉.modを選択して、更新ボタンをクリックしてOKボタンをクリックする。

e)そうすると、再度元データを読み込み直し、門扉の高さが変更されます。

このように別ファイルで作成したものをリンクしているので、変更の際もモデルが崩れる事なく差し替えができます。
ぜひ、お試しください。

ただし、数量の拾い出しを行いたい場合は従来通りオブジェクトで保存してから配置した方が良い場合もありますので、ケース・バイ・ケースで利用していただければと思います

※ARCHICAD Solo についてはホットリンク機能に対応しておりませんので、従来通りオブジェクトとして保存もしくはグループ化するなどしてバラバラにならないように設定してください

●Tips
モジュールファイルでは柱や梁等を組み合わせて作成しているので、デフォルトのレイヤで作成した場合、例えば柱レイヤを非表示にすると柱ツールで作成されたパーツが非表示になります。そうするとパーツが欠けた状態となりますので、あらかじめモジュールファイル側で別レイヤを作成してまとめておいたほうが良いと思います

また、モジュール全てを非表示にしたい場合はモジュールレイヤを非表示にするとモジュール全体が非表示になりますので、ご注意ください。

1+
記事をシェア!
ディースタイル カンパニー
機械メーカーでサービスエンジニアとして勤務後、建築に興味を抱き専門学校を経て設計事務所に勤務。2002年 ディースタイル カンパニーを設立。2003年から中央実務専門学校(現:中央工学校OSAKA) 講師に就任。

専門学校を卒業後、入社した設計事務所で3次元CAD(ArchiCAD)に出会う。
これからの時代、立体物をつくるのに2次元ではなく3次元で物事を考えなくてはならないと思い、独学でArchiCADの操作を習得。

独立後、レクサス店舗開発・設計プロジェクトやゴルフギアサージ千里箕面店開発プロジェクトなど多数のプロジェクトに参加。
現在はBIM支援業務としてトレーニングからBIMの運用まで幅広い活動を行っている。

コメントを残す

2019 © GRAPHISOFT JAPAN