閉じる

GDLの動作チェック

GDLの動作チェックについて

GDLをいじる上で、エラーチェックというのが、重要になるわけなんですが、わかりやすいチェック方法があるんです

これが作業画面↓

archicad 画面

お気づきになるだろうかタブバーに[レポート]があるのが・・

出し方は、「ファイル」/「情報」/「セッションレポート]をだすだけ

レポートの表示メニュー

では、実践してみます
おそらくみなさん[スクリプトを確認]を押して、エラーチェックするはずです

コード入力方法

あえて「,」をいれてエラーを出してる状態で、[スクリプト確認]

エラー内容

エラーがでて、びっくりします!

7行目のパラメータが多いということなんですが、[停止]、[継続]のどちらかをおします

レポートにすぐさま、メッセージが残るので、チェックがしやすくなります

コンピュータと会話してる感じ?

レポートなので、保存もできるし便利ですよ

4+
記事をシェア!

コメントを残す

2019 © GRAPHISOFT JAPAN