閉じる

3D PDFを活用してみましょう

ArchiCADではPDF上で3Dを表示できる3D PDFとして出力することが可能です。
<手順>
1.3DモデルをU3Dファイルとして保存
2.3Dモデルをレイアウトに配置
3.そのレイアウトをPDFとして出力する際にu3dファイルを埋め込む

まずは出力したい3Dモデルを作成します。
2015-09-29_14h56_53
3dモデルを.U3dファイル形式で保存します。
 
 
2015-09-29_15h31_25
2015-09-29_15h32_27
 
3Dビューはビューに保存し、レイアウトに配置します。
 
 
2015-09-29_15h33_09 2015-09-29_15h34_30
 
発行セットからPDFとして出力を行います。
ここでドキュメントオプションをクリックして開きましょう。
 
2015-09-29_15h35_16
そこから「PDFオプション」を開きます。
 
 
2015-09-29_15h35_36
「3Dの内容を埋め込む」チェックボックスをオンにし、先ほど保存したu3Dファイルを参照します。
 
2015-09-29_15h35_48
その後、発行を行います。
2015-09-29_15h36_13
 
保存したPDFを開くと、そこでモデルを回転する等の操作が可能です。
 
2015-09-29_17h54_51
出力オプションの一つとしてご活用ください。
 
 
 
 

0
記事をシェア!
グラフィソフトジャパン株式会社

コメントを残す

2019 © GRAPHISOFT JAPAN