閉じる

BIMcomponents.comでオブジェクトを無料でダウンロード!

BIMcomponents.comには何千ものオブジェクトが登録されていて、誰でも無料でダウンロードすることができます。

目的のオブジェクトを探す

BIMcomponents.comでは、様々なキーワードでオブジェクトを検索することができます。

検索ボックスから検索する

BIMcomponents.comにアクセスし、サイト右上の検索ボックスに目的のオブジェクトのキーワードを入力して検索します。
ここでは、「椅子」と入力しました。
BIMcomponents検索
 
下画面が検索結果です。椅子で検索されたオブジェクトのアイコンがいくつも表示されます。
椅子の検索結果を見る>>
BIMcomponents検索結果
 
 

タグクラウドを利用する

BIMcomponents.comのトップ画面下には「タグクラウド」が表示されており、人気の検索ワードが自動的に表示されています。
BIMcomponents.com タグクラウド
 
このタグクラウドから、キーワードをクリックすると、それに関連したオブジェクトが表示されます。
例えば、「テーブル」をクリックすると、上記「椅子」の場合と同様に、テーブルのオブジェクトがアイコンで表示されます。

検索結果をさらに絞る

検索結果(またはタグクラウドからキーワードをクリック)の画面から、さらに検索条件を追加して、検索結果を絞り込みすることができます。
以下のフィルタが4つ、画面上部に表示されます。

  • 表示優先順位(「関連度順」がデフォルト)
  • 言語(「すべての言語」がデフォルト)
  • バージョン(「すべてのバージョン」がデフォルト)
  • ライセンス種類(「すべてのライセンスの種類」がデフォルト)

 
BIMcomponents.com検索結果を絞る
 
 
 

オブジェクトをダウンロード

気に入ったオブジェクトが見つかったら、早速ダウンロードしてみましょう。
今回は、こちらの椅子をダウンロードしてみたいと思います。
BIMcomponentsダウンロード
 
オブジェクトの詳細ページには、アップロード者の情報、アップロード日、ライセンス、バージョンなどの情報が記載されています。
オブジェクトライブラリとしてアップロードされているものであれば、ライブラリ全体をLCFファイルとしてダウンロードすることも可能です(アカウントが必要)。
ここでは、このオブジェクトのみをダウンロードします。
ArchiCADのプロジェクトに直接ドラッグ&ドロップすることができます。上画面の矢印マークをArchiCADにドラッグ&ドロップします。
ドラック&ドロップ
 
すると、自動的にダウンロードが開始されます。
オブジェクトダウンロード
 
 
ダウンロードされたオブジェクト 3D表示
オブジェクト3D
 
ダウンロードされたオブジェクト 2D表示
オブジェクト2D
 
ダウンロードされたオブジェクト ダイアログ画面
オブジェクト ダイアログ
 
このように、パラメトリックなGDLオブジェクトが無料で、簡単にダウンロードすることができます!
是非、https://bimcomponents.com/へアクセスして、オブジェクトをダウンロードしてみてください!
 

ArchiCAD内でオブジェクトをダウンロード

さらに、ArchiCAD 16からオブジェクトの設定ダイアログで検索ボックスが追加され、ここからオブジェクトを検索できるようになりました。
ライブラリ内、BIMcomponents.comのオブジェクトの両方を検索することができます。
ここでも「椅子」と検索してみましょう。
オブジェクト検索 ArchiCAD
 
通常のオブジェクトと、アイコンに「鍵」のついたもの(VIPservice会員のみ)と、「地球」のマークがついたものが表示されます。
地球のマークのついたオブジェクトはBIMcomponents.comにアップロードされているオブジェクトと同様になります。
オブジェクトを選択すると、右画面に詳細が表示されます。
「ダウンロードと埋め込み」をクリックすると、すぐにダウンロードが開始されます。
 
是非、お試しください!
 

0
記事をシェア!
グラフィソフトジャパン株式会社

コメントを残す

2019 © GRAPHISOFT JAPAN