閉じる

GDLスクリプトによるオブジェクトの作り方(基礎編)

GDLスクリプトによるオブジェクトの作り方(基礎編)
 
GDLはBASICに似たパラメトリックなプログラミング言語です。スクリプトでARCHICADのツールと同じようにモデリングできることに加え、パラメータに四則演算を用いたり、条件式でサブルーチンを組み込んだり、既存ツールには無い、業務に特化したインテリジェンスなツールを作り上げることも可能です。詳細はARCHICADヘルプメニュー内のGDLリファレンスガイドを参照ください。
今回は、基礎編として、プリミティブなブロック形状の作り方を紹介します。
1.3Dを作る
1)「ファイル」→「ライブラリとオブジェクト」→「新規オブジェクト」を開きます。
1
2)スクリプトの「3D」をクリックします。
2
3)1m四方の立方体を作るスクリプトを記述します。
 
3
※半角英数文字で入力してください。
※GDL構文内のスケールはメートル単位です。
※スクリプト(BLOCK)とパラメータ
4
4)「スクリプトを確認」をクリックし、構文にエラーが無いことを確認します。
 
5
5)「3D表示」をクリックします。
6-1
6-2
2.2Dを作る
GDLでは3Dと平面図用の2Dは別々に作成します。
1)「メインタブ」をクリック、スクリプトの「2D」をクリックします。
7-1
7-2
2)3D投影結果を2D化する2Dスクリプトを記述し、「スクリプトを確認」でエラーをチェックします。
7-3
※3D投影の設定にて、平行投影上面図から投影、270度で表示した状態を2D図形に設定します。
※スクリプト(PROJECT2)とパラメータ
8
9
3)「2Dビュー」をクリックします。
10-1
10-2
※今回は立体を単純に投影したPROJECT2を使いましたが、3D形状とは別の図面表現を行う場合は、2D線分等のスクリプトを3D同様に記述してください。
※2Dスクリプトの例
11
3.パラメータを設定する
1)「メインタブ」をクリックし、現在のパラメータを確認します。
現在、幅(A)、奥行(B)、高さ(ZZYZX)がそれぞれ1000㎜の初期値でセットされています。
12
2)「3Dスクリプト」をクリックし、座標値をパラメータに置きかえます。
「スクリプトを確認」でエラーをチェックします。
13
3)「メインタブ」をクリックし、パラメータを変更し、
3Dや2Dでサイズが変更されることを確認します。
14
15
16
4.ファイル保存
1)「メインタブ」をクリックし、「ファイル」→「名前を付けて保存」をクリックします。
任意の場所に「フォルダを作成」しておき、「参照」を押して、ファイル名を付けて保存します。
17
18
19
2)「メインタブ」が保存した名称に変わったら、「×」で閉じます。
20
5.プロジェクトでの利用
1)ライブラリのロード
オリジナルのフォルダ内に作成した部品を使用する場合は、必ず「ファイル」→「ライブラリとオブジェクト」→「ライブラリマネージャー」で、フォルダをロードさせてください。
プロジェクト保存(またはテンプレート保存)すると、ロード情報も記憶されます。
21
22
2)「オブジェクトツール」でリンクされたライブラリでオリジナルライブラリを選択すると、作成済の部品が表示されます。
23
※「平面図と断面図パネル」で線種やペンが変更できます。
※「モデルパネル」の「材質の上書き」で材質が変更できます。
 

0
記事をシェア!
リン・アンド・リンパートナーズ合同会社
1990年 東京電機大学工学部卒業
株式会社CSK入社(現SCSK)、グループ会社の住宅CAD開発会社に転籍
2010年 リン・アンド・リンパートナー合同会社設立
2019年日本工学院八王子専門学校非常勤講師就任
2級建築士、インテリアコーディネーター、住宅性能評価員
ARCHICAD歴 1995年~

2019 © GRAPHISOFT JAPAN