閉じる

Solibri Model Checkerを使って階段幅や蹴上げなどの寸法チェックをする

Solibri Model Checkerを使って階段幅や蹴上げなどの寸法チェックをする

 

Solibri Model Checkerではデフォルトで階段チェックルールが用意されています。

「確認」レイアウト>「確認」ビューで「クリックしてルールセットを追加…」または「ルールセットを追加」アイコンをクリックします。

 add_ruleset

「ルールセットを選択」ダイアログでは推奨ルールセットを表示されますが、今回はウィンドウ左下の「ルールセットを追加…」をクリックし、「階段」ルールセットを開きます。

 select_ruleset

「階段」ルールセットは「意匠ルール」>「アクセシビリティISO_DIS21542.cset」に含まれています。選択して開きます。

open_file

「開く」をクリックすると「ルールセットを選択」ウィンドウに戻りますので、そこでも「OK」をクリックします。

  select_file

「確認」ビューにルールが開かれていることを確認し、「確認する」アイコンをクリックします。

 confirm

チェックが終了すると、ルールセットの右隣に「OK」または赤、オレンジ、黄色の三角マークが表示され、問題がある箇所を表します。

 find_problem

各ルールセットを選択すると、「結果」ビューに結果が表示されます。

result

結果ビューに表示された結果のフォルダを開くと、それぞれの問題項目が含まれていますのでそちらを選択すると、3Dビューの表示が問題箇所にフォーカスされて表示されます。

 result_2

stair_3D

stair_rulecheck

階段ルールのパラメータには階段チェック専用のパラメータがたくさん含まれていますので、一度お試しください!

parameter

また、モルフで作成した階段や、3DDWGをインポートした階段も、下図のように要素の設定で要素分類を「階段」にすることで同じように「階段」ルールを使用することができますのでこちらもご活用ください!

 morph

0
記事をシェア!
グラフィソフトジャパン株式会社

コメントを残す

2019 © GRAPHISOFT JAPAN