閉じる

スラブ、メッシュ、屋根ツールの使い分けについて

面形状のモデル作成時に使用する、よく似た3つのデザインツールについて比較してみます。作成できる形状の違いを理解していれば、建物や家具のモデル作成時にどのツールが適当なのかが明快になると思います。

スラブツール 

フラットな面を作るときに使用し、勾配をつけることは出来ません。
ペットパレットの「辺のカスタム設定」を使って任意の辺の角度と材質が変更できます。
複合構造が可能です。

<使用用途> 

・面材で構成される家具、建具
・勾配のないスラブ
・スラブに段差をつける時のハンチ部分

●メッシュツール

表面に高低差を付けることができますが、裏面はフラットのままです。
複合構造はありません。

<使用用途>

敷地
・スロープ
・バルコニーや屋上の水勾配(躯体はフラットで水勾配部分を増し打ちする時)

●屋根ツール

面を傾けることができます。
勾配の上部と下部の2辺の角度が変更できます。
複合構造が可能です。

<使用用途>

・屋根
・屋上のスラブ(躯体に勾配を付ける時)

5+
記事をシェア!

About ogawayuka

小川裕香建築設計事務所

コメントを残す

2019 © GRAPHISOFT JAPAN